ビバ・オタライフ!をモットーに僕のオタクライフを記事にしています。リンクフリーで相互リンク、ブロともなども歓迎いたします。気軽に言ってくださいw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ということで、コミックマーケット79に参加してきました。

軽くレポートしますw

朝、早速寝坊し始発に乗るはずが、その30分後の電車でGOしました。

武蔵野線を利用したので、新木場まで一本で行きましたw
途中の舞浜新木場で降りる人で趣味が分かってしまう恐ろしい?電車ではありましたw

んで6時40分ぐらいに会場に着き、早速企業ブース行きの列に並びました。

始発を逃したせいか、僕が待機していた列は立ち待ちの列だったので、かなりきつかったです(´Д`)


そして待つこと約3時間


開場。


一番前の徹夜組とかは多分「うおおおおおお!」とか言っている人がいたり、歓声を上げる人がいたと思いますが、残念ながら僕の列は皆結構冷めていて疎らにパチパチと拍手をする程度でしたw


そして会場から約45分
 

ようやく会場に入れました。

目当ての日本一ソフトは僕が入ったときはあまり並んでいなかったので、その間に無料配布、というか道で配っているものを漁りに会場をぶらぶらしました。

ふと感じたのが、紙袋とかファイルとかはいつもどおり配っているのですが、その数が減ったことやあとは特殊な配布物が目立たなかったような気がします。

まあ僕が遅くに入場したのでそのせいかもしれませんが^^;


そして、お昼ぐらいから日本一ソフトのところへ行くと、


あれ?何この列?


すんごい混んでました(笑)


とりあえず並んで、待つこと一時間とちょっと、


足が程良くガクブルし始めたころにようやくレジに行けました。

コミケ79セットは完売だったのでアクセサリー集携帯ストラップだけ買いました。


そして、多分社会人になったら同人活動とかできないと思うので、夏用に申し込み用紙を購入しました。

冊子だけで1000円するのに申し込み費用とか7500円もかかるんだ……とか超初心者みたいなことを考えたりしてました。

まあビックサイトを借りるんだからそのぐらいないとねとすぐに納得。


ということでそれだけして家に帰宅しましたw

そして戦利品がこちら↓
戦利品


印象的だったのは電波女と青春男のカレンダーです。

というか、開場する前にずっとこの1巻を読んでましたww

明日あたりその感想でも書こうと思います。


ということで、明日はお休みして、明後日最終日はお昼入場して今年を締めくくりたいと思います。


弱小ブログですが、読んでくださっている方今年はありがとうございました。

少し早いですが来年もよろしくお願いしますw
スポンサーサイト

【2010/12/29 18:53】 | イベント関係
トラックバック(0) |


ヒリュリュン
お疲れ~^^
30歳の保健体育の紙袋ってどこで手に入ったん?
俺が3時くらいに行ったときは無かったと思うんだが…
明日も明後日も行くから教えてちょんまげ><


行天屋
>>ヒリュリュン
はい、おつカレーっす^^
30歳の保体は
企業ブース番号326で、西3ホールと4ホールの丁度角になるところの近くで配ってたよw
時間帯は11時、12時のときはあったから、始発組に入ればもらえる希ガス。
ちなみに3,4ホールの角はインナーコースを取るんだ。
外周だと、なのはとかビジュアルアーツとかの大群にもみくちゃにされてしまうよw


ねあ
こめありがとうございましたw

お疲れ様です!
めちゃくちゃ羨ましいかぎりです( ^ω^)

あ、相互リンクさせていただきますねw


プロフェッサーT
>ということで、コミックマーケット79に参加してきました。
う、羨ましい・・・。
俺も死ぬ前に1度でいいから行ってみたいぜ。
行くのめんどくさいけど(ぉ

>一番前の徹夜組とかは多分「うおおおおおお!」とか言っている人がいたり、
>歓声を上げる人がいたと思いますが、
>残念ながら僕の列は皆結構冷めていて
>疎らにパチパチと拍手をする程度でしたw
徹夜組との温度差に吹いたwww
まあでもその徹夜組の人達のように
歓声を上げるくらいなにかに夢中になれるってのは
良い事なのかな?と思います。
それがコミケだってのは置いといて…w

>目当ての日本一ソフト
早くディスガイア4やりたいなぁ( ^ω^)

>冊子だけで1000円するのに申し込み費用とか7500円もかかるんだ
そ、そうだったのか・・・。
黒猫が学生にはキツいって行ってたけど
なんとなく納得。

>そして戦利品がこちら↓
30歳の保健体育ってのから何かエロスを感じる・・・w

>少し早いですが来年もよろしくお願いしますw
こちらこそ来年もよろ~っす!ヽ(゚∀゚)ノ



行天屋
>>ねあさん

相互リンクありがとうございますw
そちらのブログも楽しみに読ませていただきますw

>>プロフェッサーTさん

いつも沢山のコメありがとうございますw

>俺も死ぬ前に1度でいいから行ってみたいぜ。
是非行ってみてくださいw楽しいですよw

>早くディスガイア4やりたいなぁ( ^ω^)
僕も早くやりたいです!
しかし、おしおきシステムの三角木馬が修正され……、くやしいのうくやしいのう!
まあ戦闘システムのおバカ度が今回の売りだと思うんで楽しみにしてます(^ω^)

>黒猫が学生にはキツいって行ってたけど なんとなく納得。
黒猫が早く報われる日がくるといいのに……
でも京介と恋び(ryから大丈夫かw

コメントありがとうございました!

コメントを閉じる▲
ただ今コミケの列に並んでます。

先日is03を購入しまして、初のスマートフォンからの投稿になりますw

というか寒いです。しかも始発逃したせいで、立ち待ちです。正直きつい^_^;

あと会場まで2時間半耐えられるか!?

短いですが、これで失礼w

【2010/12/29 08:11】 | イベント関係
トラックバック(0) |
ということで、昨日11月7日(日)に行われた。

駒澤大学現代視覚文化研究会主催:俺の妹がこんなに可愛いわけがないトークショー「俺の妹駒大に立つ!!」


に行ってきました。


当日の会場は録音・撮影が禁止されていたので、どんな様子だったかだけを簡単にレポートします。


開始の13:10。

アナウンスが流れ、あの人からメッセージが届いていますと言う紹介で、竹達さん演じる桐乃が会場の諸注意を説明してくれました。

そして、拍手と共に本日のゲスト陣が現れました。

ゲスト陣は以下の通りです。

伏見つかささん(原作者)
三木一馬さん(編集者)
倉田英之さん(シリーズ構成)
二見鷹介さん(「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル」プロデューサー)
小松慎太郎さん(宣伝プロデューサー)

です。

並び順はこんな感じです。


              [スクリーン]
     [二見さん] [伏見さん] [倉田さん] [三木さん] 
                              [小松さん]



小松さんは司会進行のため端で立っていました。

そして小松さんが開始の合図と共に先ほど流れた桐乃の開場説明を再び流しました。

このトークショーはニコ生と連動していたので、早速三木さんが目ざとく、

「なんか二回目とか書かれてますよ」

とツッコミ開場に笑いが起きましたw


そして、ゲスト一人ひとりが自己紹介をしていよいよトークショーの始まりです。

まず、アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」から各ゲストがおすすめするシーンを紹介するというコーナーから始まりました。

ゲスト陣の中でやはり倉田さんの着眼点だけは秀逸で、

第5話の京介とあやせが言い合いをしているところに桐乃が登場するシーンがあるのですが、そのときその登場場所に氏は着目していました。

(クリックして拡大)

桐乃第5話


桐乃がこの遊具の上に乗っているのがわかるでしょうか。

倉田氏はこのシーンを見て、

「京介とあやせが言い合いしているところを、こそこそと気付かれない様にそこに登って隠れて、いつ出ようかとタイミングを計っている桐乃の心境を考えると胸がドキドキしますね」


この解説に会場が爆笑の嵐w
確かにシリアスな話をしていた二人から隠れるようにこの遊具の上にのぼって今か今かとタイミングを見計らっていた桐乃のことを考えると、顔がニヤニヤしてしまいますw

あとはアニメの話をちょいちょいして、日経新聞にと禁とのコラボが載った等の話をしました。



そしてニコ生は一端終了して、後半は会場内オンリー情報の時間でした。


簡単に流れをまとめると、

①とある議員から……
②千葉市から
③駒大生の
④同人誌
⑤桐乃のつぶやきで
⑥株価が


ではまず、①から。

①某議員から高坂桐乃をマスコットにしてほしいとオファーが来た。

 三木さんの話では、元々桐乃をアイドルとして使いませんか?という企業向けの宣伝をしていたところ、とある国会議員から正式なオファーのメールが来たそうです。

 議員さんなだけあって、政治の一派閥にだけ贔屓するわけにはいかないのでお断りしたようですが、そういう国会議員も関心のある作品だと自慢げに話していました。


②千葉市市長から感謝状が届く。

アニメの聖地だけあって、地域の活性化に貢献したということで、アニプレックスさん宛てに感謝状が届いたそうです。

千葉市の市長さんは最年少市長さんで、オタク文化にもある程度柔軟に受け取れる人だそうです。


③駒大生の聖地巡礼で地域活性化


駒澤大学現代視覚文化研究会の方々がアニメが一話一話やるごとに聖地に出向き、写真に収めたものをブログに公開しています。

駒澤大学現代視覚文化研究会


そのおかげで、ぞくぞくと聖地巡礼が行われ、地域が活性化するのだと紹介しました。


④同人誌で日本経済を救う!

三木さんが紹介していたのですが、他のゲスト陣から「企業的この発言はいいのか?」などの言葉が飛び交いましたが、特に問題ないような口調で三木さんがアキバBlogのとある1ページを画面に出して、

「関連記事の所を見てくださいよ。こんなに紹介されているってそうはないですよ!」


と言い、

「同人誌が売れればその消費税がお国に行って、子供手当などに当てられるわけですよ」



と雄弁と言い張りました。


そこで倉田氏がまた一言神発言をし、

「この黒猫に中だしするとか、まさに子供手当に貢献してそうですよね」


会場ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、爆笑


とても楽しかったです。


⑤桐乃のつぶやきでDVDの売り上げが伸びる


twitter桐乃botが「『侵略!イカ娘』あたしも予約したよ」と呟いたことによって、amazonの予約数が急上昇したとグラフを提示。


しかし、会場は???状態。

倉田さんがその様子を察したのか

「みなさん今日のことブログに書くとき三木が『俺のおかげでイカ娘が売れる』って書いておいて下さい」


ということで書いておきました。


⑥株価が上昇する


三木さんがsonyと角川の株価が俺妹のアニメ放送時から急激に伸びていることを熱弁しました。



後は俺妹ポータブルの話で、

全部で20ぐらいのルートになることやLive2Dという新機能の特別映像を視聴したり、女性向けルートもあるかもという伏線を残す程度でした。



「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル」“俺の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル」“俺の"妹と恋しよっ♪ボックス 特典 How to 妹ーーークDVD付き
(2011/01/27)
Sony PSP

商品詳細を見る



あとは質問やプレゼントがあり、無事にトークショーは終わりました。


感想として、

倉田無双がともかくすごかったです!!
またこのようなトークショーに行ければいいなと思います。

【2010/11/08 13:17】 | イベント関係
トラックバック(0) |
 今日は声優の氷青さん(知らない人は海原エ○ナさんと言えば分かるか?)がボーカルを務めるミッレルーチというバンドの演奏を聴きに、DQNとリア充の宝庫「渋谷」に行ってきました。別にとあるアニメに出てくる人の名前じゃないですよ……いや普通分かるかww


 友人と待ち合わせをして18:00頃に「UNDER DEER」という店に行ったのですが、どうも参加するバンドさんのリハーサルが終わっていないようで、10分程度時間をつぶす為に取りあえず飯を食べることにしました。

 お店はお酒と音楽を主に楽しむ感じなんで、ごはんはコンビニ飯にしました。どこかで座って食べられないかと歩いていると、丁度よく座るところを発見!!


 しかしそこは便所の前……

 まさかのセミ便所飯体験。

 友人も「これじゃあ便所飯と変わらねぇ」と言ってました。



 そして夕食も済ませ18:30に入店。ワンドリンク付きで2000円でした。

 まず一杯目はジントニック

 時間が経つにつれて水で薄まって行ったので僕の肝臓は大喜び。


 そして19:15ぐらいから一組目の演奏者が始まりました。

 名前は宮本さんと言ってたような気がします。女性です。歌上手いです。すごく楽しそうに歌ってました。この店のミョウガのピクルスが好きのようです。


 そしていい感じに演奏も終わり、取りあえず次の氷青さんまでに備えるために、プライドポテトとウーロンハイを注文。

 演奏する時間になるにつれてドヤドヤと人が入り始めました。

 有名なバンドなのか、はたまた僕らのようにミーハーな感じ出来たのかは分かりませんが、多くの人が来てました。

 そして演奏が始まる。

 最初は当初抱いていたイメージと違ったんで驚きましたが、素人感想で申し訳ないのですが、とてもドラムやキーボードの演奏が物理的に胸に響き、氷青さんのか細くも不思議と力強い歌声にとても感動しました。

 トークの最中に氷青さんが交通事故にあったっと言った時は「え? 大丈夫なの? いや、大丈夫だからここにいるのか……」などと思いましたが、そのエピソードが少しコミカルで失礼なんですが面白かったですww


 ミッレルーチ(イタリア語で千の輝きという意味らしい)の演奏も終わり、僕もそのタイミングで水だこのナンタラカンタラを頼んでつまみに。

 
 三組目は大学の音サーを思わせるバンドでしたが、実際聞いてみるととても声量があり、サックスも上手く、すごいと思いました。でもドラムの人が全然顔が見えなくて可哀想でしたww



 演奏も全て終わり、いざ帰る前に友人と一緒にお金出しあって買った手土産を友人が氷青さんに渡しに行きました。

 友人は以前も同じようなイベントに来たことがあるらしく、氷青さんに顔覚えてもらっていたようですw

 僕もその後にお話をさせてもらいました。正直こういうのに慣れていないのでテンパってましたが、うれしい事があったので売る覚えですがその時を会話をリピート。

ちょろっと会話後

氷青さん「あ、もしよかったらチラシとかいりますか?」

行天「あ、はい」

チラシを持ってきて

氷青さん「どうぞ、お友達と三人ですよね」

行天「わぁ、ありがとうございます。あ、これ入口に張ってあったやつですよね」

氷青さん「そうですよ。もしよかったら次の時も聴きに来てくださいね」

行天「はい」

去り際

行天「あ、それと声優のお仕事も頑張ってください」

氷青さん「はいw ありがとうございます」

そう言って手を差し伸ばす氷青さん

行天「いいんですか?」

氷青さん「はい」

きゅ

氷青さん「今日はありがとうございました」

行天「あ、はい。こちらこそ。お疲れさまでした」

氷青さん「お疲れさまでした」



 回想終了


 まぁそんな感じで握手してもらえました。それまでアイドルやグラドル、声優さんとかの握手会などに一回も行ったことがなく、「何がいいんだろう?」なんてずっと思ってたけど、なんとなくその良さ?みたいのが分かったような気がします。
 そうやって自分が一方的に知っている人に自分を知ってもらうって行為が多分嬉しいんでしょうね。元気が出てくるような気がします。

 一昔前に「俺ももう一生手洗わない」みたいなセリフがありましたが、まぁさすがに、帰りの電車で吊革とか触ったりしたので帰ってから手は洗いましたwww清潔は大切ですから。

 でもとても良い思い出になりました。

 今日は生の演奏を沢山聞いたので、まだ体が躍動しています。音楽ってスゴイと思いました!


【2010/02/26 01:39】 | イベント関係
トラックバック(0) |

No title
SLeePiNg
ざわざわ化ボタン・・・いらんだろうww

No title
行天
>>SLeePiNg
衝動が抑えきれず付けてしまった。
後悔はしていない。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。